事務所 移転 東京

東京から他県に事務所を移転する利点とは

近年は、都心部に一極集中している傾向があります。やはり、都心部にいた方が何かと便利だからです。これは、若い人だけでなく高齢者でも同じような傾向があります。また、個人単位だけでなく会社単位でも同じような傾向があるといえます。そのため、東京都内には非常にたくさんの会社があり便利といえば便利ですが何か災害などが起きた場合にすべてがストップしてしまう可能性も否定できません。このような場合、東京から事務所を移転することも考えておいた方がよいかもしれないです。ただ、東京から事務所を移転するといっても何のメリットもなければわざわざ移動することも考えにくいでしょう。そこで、一体どのようなメリットがあるのかを見ていきます。これにより、積極的に行動をすることができるかもしれません。

経費などが安くなるのは大きなメリット

事務所を移転する場合には、経費がかかりますがそれは最初の引っ越しの場面だけになります。基本的に、地方の場合は都内に比べるとはるかに土地の値段が安いため場所を借りる時もあまりお金がかからない傾向があります。例えば、東京都の千代田区に会社があった場合それを埼玉県の北部に移すと土地代だけで1/5程度のお金で間に合います。これは非常に大きな節約になるといってもよいでしょう。また、テナントを借りる時もとてもやすいです。23区の場合には、場所にもよりますが30坪で100万円の賃料を払っているところも少なくありません。ですが、地方に移動する場合には30坪で15万円程度のお金かそれ以下になることも少なくないです。このように考えれば、少しでも経費を節約したい場合地方に利用するメリットは大きいです。

バーチャルオフィスなどを使ってみることもよい

そもそも、都内に事務所もつメリットは、交通の便が良いことがありますが、それ以外にも大きなメリットがあります。それは、信頼されていることです。地方の改正でも、都内に本社がある会社の方が何となく信頼できるといったイメージを持っている人が少なくないでしょう。そのため、取引きをするならば都内に本社があるところを選ぶ傾向があります。資金面も、何となく安心なイメージが強いです。そこで、この問題点を考えるにあたり、やはり重要になるのは場所を移動してしまうことでしょう。これを解決するためには、バーチャルオフィスなどを利用してみてもよいかもしれません。バーチャルオフィスを利用すれば、住所だけ借りることができますので本社がどこにあってもそれほど問題はありません。