事務所 移転 東京

他県から東京に事務所を移転するメリット・デメリット

他県から東京に事務所を移転したいと思う人はたくさんいます。人それぞれ考える点は違うので、単純にどちらが良いかは判断しにくいですが、これだけはメリット、デメリットと言えることがいくつかあります。それを今回は詳しく述べます。ただ単純にメリットだけを見ていると賛同は得られやすいですが、そこに何年もそれを構えるとなると話は変わってきます。お金の問題や隣ご近所の問題など山積みです。移転してからそのような問題を一つずつ解決していては遅いです。あらかじめ対策が打てるのであればデメリットは出来るだけ少なくすべきです。一方で、メリットが思ったよりも得られないようであるなら、大金をはたいてわざわざ遠くにそれを構える必要が無いと判断できる可能性があります。あらかじめ知識を得ておくことはこれほどまでに重要なのです。

事務所を東京へ移すメリットとは

これは非常に簡単です。なぜなら都会の特徴を思い浮かべれば後は自ずとメリットが見つかります。まずは人が多いと言うことです。お客さんにものやサービスを購入してもらえなければ何も始まりません。一人がたくさん購入するよりも一人ずつが少量購入してくれた方が、長い目で見るとあっと言う的に売り上げが良いし、安定して利益が出せます。人口が多いと言うことはそれだけで利点なのです。また、大した宣伝をしなくても人づてで評判が広がるのでその分費用が浮きます。そして、日本全国の中で最も流行に敏感になれます。毎日かなりの情報が東京から各都市へと運ばれるので、どこよりも早く次の手が打てます。先を見通す強力な後ろ盾となるのが情報です。新商品開発時にライバル社を出し抜いて成果があるものを出せます。

事務所を東京へ移すデメリットについて

これは非常に難しい問題です。はじめに頭を悩ます問題が、土地代です。日本全国見渡しても当たり前のように地価は都内ならどこでも高いです。一見田舎のように見えるところでも交通網がしっかりしているのでアクセスの良さから思った以上の値段がするのです。このため、賃貸として既にあるオフィスを借りている形態を取っている会社が多いです。それでも月々の家賃が高いので、なじみのある提携先やグループ会社が持っている土地など特別な条件下でないとあっという間に会計が火の車になります。また、隣近所との問題もあります。下町に事務所を移転しようものなら、よそ者を排除する傾向にあるので、よほど仲良くならなければのびのびと仕事することが出来ません。その場所でのしきたりなどもあるので良く下調べをしてから行動しましょう。