事務所 移転 東京

東京の事務所を移転するタイミングはこんな時です

大都会東京には数多くの会社が集まります。そこで商売することによるメリットも多数あります。メリットとは、多くの会社と出会える、優秀な人材を確保しやすいなどです。しかし、デメリットも少なからずあり会社によっては、東京の事務所を移転した方が良い場合もあります。デメリットとしては、物価が高い、人件費が高いなどがあります。現在はネットを上手く活用してビジネスが行えるので、地方だとしても十分に勝負することができます。あえて地方で働きたいと言う人も増えてきました。ただ、いつ移転するのかと言う問題があります。タイミングを考えて最適なときに行動することにより、経営をいい方向に向かわせることができます。この記事ではその点について分かりやすく説明しています。

会社の経営が成り立たなくなったとき

会社は営利を求める団体です。基本的に物やサービスなどを売って得られる収益が、家賃代や人件費などの支出を上回らなくてはいけません。赤字になると銀行から融資が受けらなくなることがあります。また、借金を返済のための資金が無くなり自転車操業になることもあるでしょう。地方に行けば、家賃を半額にできたり人件費を3割カットできたりします。額にすると月数十万レベル年間で数百万円レベルの、お金を節約することができます。そのため、東京の事務所を移転するときは、支出が収益を数年程度継続して上回り、かつ収益が支出を上回る見通しがたてたらない時だと言えるでしょう。確かに引っ越しをする場合は、お金がかかりますが中長期的に見ればその額を大幅に上回る利益を得ることができます。

引っ越しは時期によって費用が異なる

東京の事務所を移転する場合、繁忙期を避けた方がいいでしょう。というのも、繁忙期である3月4月は費用が安い時期と比べた場合、費用が1,5倍以上違うことがあるからです。3月4月は、新社会人がでたり進学のために引っ越したりする人が多いです。大きなオフィスだと、引っ越しに数百万円かかることもあり、100万円以上多く払うこともあるでしょう。他には、転勤や人事異動の関係で、9月あたりも少し高くなります。8月、12月、1月あたりが一般的には引っ越し費用が他の月より安くなる傾向がありますので、都合があえばこの時期がおすすめです。忙しくない時期に引っ越し会社にお願いするとスタッフが、時間的に余裕があるのでトラブルが起きにくくなることが期待できます。繁忙期などは、日雇い労働者などを多く雇いますのでサービスの質にムラができる傾向があります。非繁忙期は正社員やベテランアルバイトが中心となって、作業してくれます。